高校生コース
ホーム » 高校生コース

大学受験対策

入試の小論文は一見、漠然とした分野に見えますが、合格するためにはやはり、敵を知ることが大切です。何の戦法もなく、いわゆる竹槍をつついていたのでは勝つことはできないのです。大学入試に限らず、他の入試においても同様ですが、入試問題を作成するのは、その大学内の教授たちが持ち回りで行います。ですから、自ずと各大学、学部の好む傾向が入試問題にも表れてきます。傾向を見極めるのは大変困難なことではありますが、繰り返し、入試小論文の過去問題を解いていくことにより、自分の中に志望校の傾向に合ったものを身につけていくことができます。
小論文の学習は明確に点数化することが困難である故、一人だけでの学習では繰り返し過去問題を解いていくことはなかなか厳しいでしょう。諦めず繰り返し入試問題を解き、少しでも手応えをつかんでいくための支えは家庭教師ならではのメリットです。特に小論文の分野は、模擬試験が終わってしまった後、入試の直前や最中であっても、やり方しだいで伸びていくものです。一人一人が諦めず最後まで伸びていくため「家庭教師のチャンス」ではしっかりサポートをいたします。

定期テスト対策

センター試験の実施要項には「大学入試センター試験の出題は、高等学校学習指導要領に準拠して行う」と明記されています。つまり高校の授業で学ぶ内容は、そのままセンター試験の出題範囲となります。定期テスト対策を通じて、基礎をしっかりとおさえることが、ゆくゆくはセンター試験での高得点につながると言えるでしょう。 また、穴埋め式が多い中学の定期テストに比べ、高校の定期テストでは記述式の割合が高く、進学校では大学入試問題を交えて出題されることもあります。そのため、定期テスト対策をしっかりと行ったうえで、返却されたテストを復習することで、受験で通用する記述力を養成する第一歩とすることができます。

また、一定以上の成績レベルが出願条件となることが多い公募制推薦や、日ごろの成績等をもとに学内選考が行われる指定校推薦では、定期テストの結果の積み重ねがそのまま推薦入試の合否にかかわる場合もあるため「家庭教師のチャンス」では日頃から対策させていただきます。

授業料

高校生の指導料金表

今ならこのサイトから資料請求して入会した方先着10名様に1万円プレゼント
PageTop